ケミカルピーリングの施術の流れ

治療を行う前にまずカウンセリング

医療機関でのケミカルピーリングは、エステサロンや自宅で行うよりも的確に老廃物を取り除くことができるのが特徴です。ケアするための薬剤も複数の種類が存在しており、肌の状態にあったものを医師が選んで塗布するといわれています。治療を受ける場合、事前にノーメイクで出かけたほうがいいのではないかと考える人も多いですが、その必要はありません。メイクを落とせるパウダールームを完備しているクリニックが多いからです。クリニックでケアを行うまえにクレンジングを行えるように配慮されているため、心配は要りません。ケアを受ける前にカウンセリングを受けて、肌の状態をどのようにしたいのか、医師に相談します。医療機関によっては医師ではなく医療スタッフがカウンセリングを行う場合もありますが、経験豊富なスタッフのみがカウンセリングを行うため、安心して受けられるでしょう。

治療の流れはスムーズにすむ

カウンセリングを受けてケミカルピーリングの薬剤が決まったら、肌をクレンジングできれいにしてから施術が行われます。この時化粧だけでなく、不要な皮脂も落とすことによって、ピーリングの浸透力が高まるでしょう。施術はまず、ピーリング剤を塗布し、しばらく待ちます。塗布する時に肌に刺激を感じる場合もありますが、ピーリング剤が効いているため、心配はいりません。ある程度ピーリング剤を塗って時間がたったら、薬剤を中和する成分を塗布し、ピーリングをとめます。止めないと肌に負担がかかる可能性があるからです。その後薬剤をふき取り、顔全体を冷やして調子を整えるパックを行います。医療機関によってはパックの前にイオンを照射し、更に効果を高めるところも少なくありません。パックが終了したら終了するところもありますが、医療機関によっては保湿を行って終了する場所もあります。

© Copyright Peeling Attracts. All Rights Reserved.