ケミカルピーリングの魅力

痛みがなく効果を実感できる

美容目的で行われるピーリングとは、肌の古い角質を剥がし、美しくてみずみずしい肌に生まれ変わらせることを指します。ピーリングには種類があり、フルーツ酸などを主体としたマイルドな使い心地のものから、化学薬品を合成して肌に塗布するものまでいろいろな成分があります。そのうち、美容皮膚科など医師の下で行うことが出来るのがケミカルピーリングです。ケミカル、つまり化学的に合成した薬品を使ってピーリングを行うのです。古い角質をきれいに剥がすことで、肌に残ってしまっていたしみやしわを取り除き、はがれた肌を再生しようとする修復機能によって新しく肌を生まれ変わらせるというのがケミカルピーリングとなります。化学物質を肌に塗るという事で、痛みをともなうのではないかと思う人もいますが、レーザー治療のようにゴムで弾かれるような痛みもなく、合成する化学物質を調整することで刺激を減らすことも可能です。

求める効果によってピーリング剤を変えることが出来る

家庭でセルフピーリングするためのピーリング剤は、刺激性が弱くマイルドな使い心地です。ケミカルピーリングは、医師の下で行うことが決められており、濃度や薬剤を調節することが可能となっています。自分が求めたい肌によって、使用する薬剤を変えることも出来るのです。例えば、グリコール酸は分子量が小さく、肌のトーンを明るくしたり表面を滑らかにする効果が期待できます。乳酸は刺激が少なく、ニキビ・小じわ・色素沈着に使うといいと言われています。他にもサリチル酸やトリクロロ酢酸などがあり、これらをミックスさせてピーリング剤を作っているクリニックもあるのです。薬剤によってはアレルギー反応などを起こす可能性もあるので、パッチテストなどを行い慎重にピーリングを進めることが出来るのもケミカルピーリングの魅力です。

© Copyright Peeling Attracts. All Rights Reserved.